【マイクラJava版】世界を好きな見た目に! リソースパックの作り方を紹介!

まとめ記事

 どうもどうも! EIEIです!

 今回は、「リソースパック」を自作する方法を紹介したいと思います!

 リソースパックは、マイクラの世界の見た目を変えるためのものですね!

マイン
マイン

時々、ブロックとかアイテムの見た目を変えている人を見かけるよね!

EIEI
EIEI

「リソースパックを作る」と聞くと難しそうですが、

案外簡単に作れちゃいます!

 リソースパックを作るのには、プログラミングなどの知識が全くいりません!

 パソコン1台さえあれば、絵を描いてリソースパックを作れちゃいます♪

 本日もLet’sマイクラ!

※この記事では、Java版のリソースパックの作り方を紹介しています。
 また、記事内の画像はWindows10のものになりますが、Windows11やMacでも
おそらく同様の手順で作成可能です。

スポンサーリンク

そもそもリソースパックとは?

 「そもそもリソースパックって何?」という方のために簡単に説明を!

 リソースパックは何か知っている方は、「リソースパックを作ろう!」まで飛ばしてくださいね。

 リソースパックは、マイクラの中の、ブロックやアイテム、mobなどの見た目を変更するものです!

EIEI
EIEI

modのような、改造プログラムを入れなくても、

見た目を変えることができるんですよ!

 マイクラの中のものの見た目は「テクスチャ」と呼ばれます。

 なので、リソースパックは、テクスチャの集合体とでも思っていただければ分かりやすいかと思います♪

マイン
マイン

リソースパックを作るってことは、

テクスチャを作ってまとめるってことだね!

 例えば、バニラのリソースパックを使ったスクリーンショットが下の画像になりますが…

↑おそらく皆さん、見慣れたマイクラの世界だと思います。

 Clarityという、インターネットでも配布されているリソースパックを使うと、世界の見た目が早変わり!

EIEI
EIEI

画像を比べていただけば、リソースパックがどんなものかなんとなく分かると思います!

↑ブロックの見た目が暖かくリアルになり、細かに再現されるようになりました! これがリソースパックの力。

 他にも、リソースパックで次のようなこともできちゃいます。

  • ファンタジー、ホラー、和風… みたいな世界を表現する!
  • 「こんな見た目のブロックがあれば良いのに…」を叶える!
  • 石を全部透明にして、ダイヤモンドの場所まる分かり!?
マイン
マイン

自分のやりたいことを叶えるには、自分で作るのが一番ですね(笑)

 ちなみに、「リアルな世界にしたい!」「きれいな絵を使いたい!」という方は、

 自分で作ってもいいですが、労力が半端ないので、

 ネットで公開されているものを使うと良いと思います(苦笑)

EIEI
EIEI

「ちょっとだけ変えたい」とか、「ネットにない」といった時に、リソースパックを自作すると良いかもしれません。

 ユーチューバーさんがリソースパックを使って企画をしたりもしていますよね!

スポンサーリンク

リソースパックを作ろう!

作る前に! 画像編集ソフトをダウンロードしておこう!

 ブロックやアイテム、mobなどの見た目を変更するのがリソースパックですので、

 これを作るということは、これらの絵を描くということです!

 そこで、画像編集ソフトが必要になります。

マイン
マイン

画像編集ソフトがないと、絵を描けないもんね!

 Windowsだったら、デフォルトで「ペイント」が入っているので、これを使ってもいいのですが…

 ペイントでは、「透明」を表現することができません(苦笑)

EIEI
EIEI

マイクラでは、ガラスのように透明なテクスチャも使われているので、

正直ペイントは不便です…(苦笑)

↑透明なテクスチャを作りたい時、ペイントでは作れません…。

 そこで、無料で使えて、なおかつ透明を表現できる画像編集ソフトが欲しいわけです!

 個人的におすすめなのはGIMPです。GIMPのダウンロードページはこちらから。

マイン
マイン

GIMPは、無料なのに透明を表現できて、

日本語にも対応しているのでおすすめ!

 ダウンロードページは英語ですが、ダウンロードを始めてしまえば日本語が使えますよ~

 ダウンロード方法の詳細と、最低限の使い方を知りたい方は、下を押して見てね。

GIMPのダウンロード方法と、最低限の使い方!

 GIMPのダウンロードページに飛んだら、「DOWNLOAD」を押します。

EIEI
EIEI

画像では2.10.30ですが、時期によってはバージョンが違うかもしれません。

↑ここのオレンジのボタンを押して、ダウンロードへ進みましょう!

 そして、Windowsの場合は下の画像の、オレンジのボタンをクリックして、

 GIMPのインストーラーをダウンロードします!

マイン
マイン

Macなどでも、おそらく似たような手順で進めます!

↑画像のオレンジ色のボタンを押すと、exeファイルがダウンロードされます!

 ダウンロードしたexeファイルの指示に従い、インストールを始めましょう!

 おそらく下のような画面が出てくるので、下の「インストール」を押しましょう!

↑exeファイルのインストーラーを使う、よくやる手順です(笑)

 これでパソコンにGIMPがインストールされました!

スポンサーリンク

 お次は、リソースパックを作る上で必要な、最低限の操作だけご紹介します。

EIEI
EIEI

今回は記事が長くなってしまうので割愛しますが、

GIMPはリソースパック作り以外にも、役立つ機能がたくさん入っています♪

 GIMPを起動して、新しく画像を作るためには、

 画面左上の「ファイル」→「新しい画像」と進み、画像の大きさなどを指定したら作成できます!

マイン
マイン

リソースパックを作る時は、画像の大きさに注意してくださいね。

↑画像を新規作成したい場合は、このようにします。

 また、元々ある画像を編集したい場合は、「ファイル」→「開く/インポート」と進み、

 画像を指定すると開くことができますよ。

EIEI
EIEI

リソースパック作りでは、「新規作成」より「開く」のほうがたくさん使うかもしれません。

↑元々ある画像を編集したい場合はこちら!

 画像を開いたら、編集していけるのですが、

 マイクラのテクスチャはすべてドット絵なので、グリッドを表示すると書きやすくなります!

マイン
マイン

グリッドを表示するために、グリッドの設定をしよう!

 画面上部から「画像」→「グリッドの設定」と進み、リソースパック作りでは、

 グリッドの間隔を水平、垂直ともに1.00ピクセルにすることをおすすめします。

↑これを設定すると、ドット絵が非常に書きやすくなるのでおすすめ!

 グリッドの設定をしたら、画面上部の「表示」→「グリッドの表示」と進み、ここにチェックを入れましょう!

EIEI
EIEI

これで、ドットの境が分かるようになりましたね!

↑この状態で編集していくのをおすすめします!

 あとは、テクスチャを描いていくだけですね!

 おそらく、ここの操作はほとんどの画像編集ソフトと共通だと思うので、下の画像に最低限の操作だけ載せておきます…

EIEI
EIEI

本当に最低限しか紹介していないので、詳しく知りたい方は自分で調べてみてくださいね~

↑これだけ知っていれば、リソースパックは一応作れます。

 画像が完成したら、左上の「ファイル」→「エクスポート」と進みます。

 そこで、ファイル名と保存場所を決定してエクスポートしましょう!

マイン
マイン

リソースパック作りでは、ファイル名や保存場所がきっちり決められているから、気を付けてくださいね!

↑エクスポートは日本語にすると「出力」です。作ったものを画像ファイルにするってことですね♪

 エクスポートする前にエクスポートの設定ができるのですが、

 先ほど解説したような、透明が含まれる場合は、「透過ピクセルの色の値を保存」に必ずチェックを入れてください!

EIEI
EIEI

ペイントにはできない機能ですので、活用しましょう(笑)

↑エクスポートする前に、こんな感じの設定画面が開かれます。

 大雑把ですが、これでGIMPでテクスチャを描けると思います!

スポンサーリンク

リソースパックの土台作り!

 まず、マイクラのデータが入っているファイルを見つけましょう。

 マイクラを起動して、「設定」→「リソースパック」と進み、

 「パックフォルダーを開く」というボタンを押すと、マイクラのデータが入っているファイルへ飛べます♪

EIEI
EIEI

このパックフォルダーの中に、今回作ったリソースパックを入れます♪

↑ここのボタンを押すことで、フォルダーの場所を簡単に特定できます!

 すると、「resourcepacks」というフォルダーが開きます。

マイン
マイン

resourcepacksフォルダーの中に、リソースパックのデータを入れますよ~

 そこに、フォルダーを作って、名付けてください!

 このフォルダーについた名前が、リソースパックの名前になりますよ。

↑画像のようにした場合、リソースパックの名前は「My Resource Pack」となります!

 フォルダーを作ったら、そこを開いてください。

 この時、必ずファイルの拡張子を表示する設定にしておいてください!

EIEI
EIEI

Windowsのエクスプローラーの場合は、

下の画像のところにチェックを入れて表示します!

 拡張子は、「.txt」とか「.png」みたいな、ファイルの種類を表すタグみたいなものです。

↑Windows10の画像。「ファイル名拡張子」のところにチェックを入れましょう!

 そして、フォルダーの中にtxtファイルなどを作って、メモ帳などで開きましょう。

マイン
マイン

Windowsならば「メモ帳」、Macならば「テキストエディット」などで開くのがおすすめです!

 そして、ここに次の情報を書き込みます。

  • リソースパックの対応バージョン
  • リソースパックの説明
↑テキストファイルを作る、メモ帳などで開く、そこへリソースパックの情報を書き込む!

 まず、テキストファイル内に次の文章をコピペしてください♪

{
   "pack": {
      "pack_format":8 ,
      "description": "Write an explanation here"
   }
}

 まず、リソースパックの対応バージョンですが、「pack_format」の後ろの数字で決定されます。

EIEI
EIEI

次の表を参考に、自分がどのバージョンでリソースパックを使いたいか考えてね!

 次の表の数字を入力してくださいね!

マイクラのバージョンpack_formatの数字
1.9以前1
1.9、1.102
1.11~1.12.23
1.13~1.14.44
1.15~1.16.15
1.16.2~1.16.56
1.17、1.17.17
1.18~1.18.28
↑新しいバージョンほど、数字を大きくする必要があります。

 次に、「description」の後ろのダブルクオーテーション(“)の中には、リソースパックの説明を書いてください!

 僕が試したら、日本語でもちゃんと読み込めていました!

マイン
マイン

ここの説明は、好きなことを書いてOKですよ!

 ここまで情報を書けたら、上書き保存してください。

 その後、先ほど作ったtxtファイルの名前と、拡張子を変えます! pack.mcmetaにしてください。

EIEI
EIEI

先ほど拡張子を表示したのは、ここで変更するためです!

 警告が出るかもしれませんが、遠慮なく続行して大丈夫です。

↑リソースパックの情報が入ったファイルを、「pack.mcmeta」に変更してください!

 ファイル名を変更すると、なんとこの時点でマイクラ側から、リソースパックを読み込んでもらえます!

 もちろん、現段階では適応しても、何の効果もありません(笑)

↑リソースパックが読み込まれました!

 おそらく、上の画像のようにアイコンはデフォルトの丸石になっていると思います。

 リソースパックにオリジナルのアイコンを使いたい方は、下の「アイコンの作り方!」を押して見てみてくださいね♪

マイン
マイン

アイコンにこだわらない方は、無視しても大丈夫ですよ。

アイコンの作り方!

 アイコンは、必ず128×128ピクセルの正方形にしてください。

 画像編集ソフトで描いたり、自分の撮った写真をトリミング(切り取り)やサイズ変更して使いましょう♪

EIEI
EIEI

一目で「自分のリソースパックだ!」って分かると良いね!

↑GIMPでアイコンを描く場合は、画像を作る時の設定をこのようにしましょう!

 アイコンにする画像を用意出来たら、先ほど「pack.mcmeta」を入れたフォルダーと同じ場所に、

 画像の名前と拡張子をpack.pngにして入れてください!

マイン
マイン

マイクラで使われている絵は、基本的にすべてpng形式の絵です!

↑128×128のpng画像を、pack.pngという名前で保存すれば完成!

 正しく画像を入れられたら、マイクラ側でもアイコンが読み込まれます!

↑マイクラ側でもアイコンが読み込まれました! オリジナリティが出て良いですね♪

テクスチャの元のデータを用意する!

 これでリソースパックは使えますが、肝心の見た目は何も変わりません(笑)

 そこで、テクスチャを描いていくために、元のデータを用意します!

EIEI
EIEI

元のデータを、画像編集ソフトで変更していくのが簡単だからね~

 まず、「resourcepacks」フォルダーが入っている、「.minecraft」フォルダーの中から、

 「versions」フォルダーを探して開いてください。

↑こんな感じに、resourcepacksフォルダーとversionsフォルダーは、.minecraftフォルダーに入っています。

 versionsフォルダーの中には、1度でも起動したことがある、バージョン名のフォルダーが並んでいます。

マイン
マイン

バージョンがない場合は、1回そのバージョンを起動してからもう1度探してみてね。

 その中から、リソースパックを作りたいバージョンを選んでフォルダーを開いてください!

↑今回はバージョン1.18.2で紹介していきます! もちろん、他のバージョンでも作り方は変わりません。

 そして、その中に入っている、「バージョン名.jar」ファイルを展開します。

 ただ、そのままでは展開できないので、7-zipなどのツールをインストールして、それで展開してください!

 7-zipのダウンロードページはこちらです。

EIEI
EIEI

7-zipはパソコン使う上でかなり便利なツールなので、

ダウンロードしていない方はぜひすることをおすすめしますよ~

 このjarファイルを展開すると、かなりの数のファイルが出てきてしまうので、

 邪魔にならないように、新しくフォルダーを作って、そこに展開することをおすすめします(笑)

↑7-zipを使った場合は、展開するときの画面はこんな感じです!

 jarファイルを展開すると、中にassetsフォルダーがあると思います。

 そのフォルダーをコピーしてください!

マイン
マイン

ここまでの手順で、マイクラのデフォルトのリソースパックの中身をコピーできました!

↑コピーするのは、assetsフォルダーだけでOKです!

 そして、このassetsフォルダーを、最初のほうに作った、

 自分のリソースパックのフォルダーに貼り付けてください!

EIEI
EIEI

まずは、一旦バニラのテクスチャを設定しておきます。

↑こんな感じになればOKです!

 assetsフォルダーを開いて、その中のrealmsフォルダーはいらないので、削除してしまってください。

↑realmsフォルダーは削除!

 お疲れ様です、これでテクスチャの元のデータができました!

マイン
マイン

バニラのテクスチャを、元のデータにしたってことだね!

 ここから、いよいよ本格的な、画像編集ソフトを用いたテクスチャ作りに入ります。

 バニラのテクスチャの、変更したい部分を編集する、という形になります!

EIEI
EIEI

画像編集ソフトのGIMPの最低限の使い方を、

こちらで解説しているから、必要な人はどうぞ!

スポンサーリンク

テクスチャを描こう!

 先ほどの「assets」→「minecraft」→「textures」と進んでいくと、大量の画像がpng形式で入っています!

 このバニラのpngファイルを、編集するだけで、オリジナルの絵にできちゃいます!

EIEI
EIEI

カテゴリーごとにフォルダーが分けられているから、それを参考に、変えたいテクスチャを見つけよう!

↑こんな感じにカテゴリーが分けられています!

 1つ注意しないといけないことが、画像の名前は必ず同じものにする、ということです!

 そして、ほとんどのテクスチャの画像は正方形にしないとおかしくなるのでご注意を。

マイン
マイン

画像編集ソフトで、バニラのテクスチャの上から描けば、どちらも問題ありませんね!

↑画像はこんな感じにたくさん並んでいます!

 ここからは皆さん、各々の想像力を爆発させたり、欲しいものを描いちゃってください!

 例えば、ガラスに入っている線? を消してみたり…

EIEI
EIEI

建築勢の方々は、「このブロック見た目違ったらいいのに!」とか思うこと、結構あるのでしょうか…?

↑バニラのガラスは、線が入っているのですが、それを取り除いたピカピカのガラスにしてみました(笑)

 村人の目の色を緑から赤色に変えて遊んでみたり(笑)

 村人だけでなく、エンティティは展開図のように、各面に分かれているので、注意深く塗りましょう。

マイン
マイン

絵に自身のある人は、エンティティをかわいくしたりしても楽しいかも!

↑村人の目の色を赤色にしちゃいました…(笑)

 絵画の中に、オリキャラのマイン君を突っ込んでみたり…(笑)

マイン
マイン

なんでよりにもよって僕。

↑こうするだけで、絵画を貼ったときにマイクラの世界にマインの絵が召喚されます…!

 好きなだけ、欲しいだけテクスチャを編集したら、実際にリソースパックを導入してみましょう!

スポンサーリンク

作ったリソースパックを使ってみよう!

 マイクラを開いて、「設定」→「リソースパック」と進むと、どのリソースパックを使うか選べます。

 使いたいリソースパックを、右側の「選択中」に移動させるだけで、導入出来ちゃいます♪

EIEI
EIEI

とても簡単ですね!

↑アイコンの上でクリックすれば、右側へと移動します!

 また、下の画像のように複数のリソースパックを使用すると、

 上のリソースパックの優先順位が高くなります。

 ただ、今回のリソースパックの作り方では、足りない部分はバニラのリソースパックになるので、あまり意味はないかもしれません(苦笑)

↑こういう状態になって、上のリソースパックが足りていない場合、下のリソースパックも使われます。
マイン
マイン

リソースパックを導入したら、早速反映されているか見てみよう!

 ガラスは無事、線が消えてつるつるになり、

 村人さんの目は無事… じゃないですね、怖い怖い(笑) 赤色になりました!

↑リソースパックの反映には成功しているみたいですね!

 そして、絵画にはマインが降臨しました…!

 元になった画像が768×768だったので、無理やり64×64にしたらちょっとぼやけますね。

EIEI
EIEI

いつもと違う光景でなんか新鮮ですね(笑)

↑マインは4×4サイズの絵画に描かれることとなりました。

 さて、今回はリソースパックの作り方を紹介しました!

 手順はそれなりにあるのですが、別に難しいわけではないので、ぜひ挑戦してみてください♪

マイン
マイン

自分の欲しい見た目のブロックやmobを、自分で描けるのは楽しいよ!

EIEI
EIEI

作ったリソースパックを友達に渡して、遊んでみるのも面白いかも?

 それでは皆さん、バイバ~イ!

コメント

  1. EIEI より:

    アドミンさんへ返信
    お役に立てて何よりです!
    ぜひ、自分だけのリソースパックを作ってくださいね♪

  2. アドミン より:

    他のサイト何見てもできなかったのにこれ見たら一発でできました……!!
    本当にありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました