マイクラお役立ち情報! エンドポエムに隠されたメッセージとは? 日本語訳付き!

マインクラフトブログ

 どうもどうも! EIEIです!

 今回は、マイクラのエンドポエム、いわゆるクリア後に流れるメッセージですね。こちらの解説、考察をしていきたいと思います!

EIEI
EIEI

エンドポエムは、すべて英語で書かれていて、英語が読めない人にとっては「?」となりますよね(笑)

 実は、哲学的というか、深いことを考えさせられるメッセージも含まれているんです…。

マイン
マイン

もしかしたら長い記事になってしまうかもしれませんが、ぜひ読んでみてください!

 本日もLet‘sマイクラ!

エンドポエムの原文!

 まず、英語の原文をここに一気に載せたいと思います! 興味がない人は、「エンドポエムの日本語訳は?」まで飛ばしてください。

 エンドポエムは、初めてエンドからオーバーワールドへ帰るときに、約10分かけて流れます。ちゃんとエスケープキーでスキップできます!

EIEI
EIEI

長すぎるから、スキップしてしまう人も多いはず…

 エンドポエムは、2人の人物が話し合う形式で描かれています。ちなみに、「プレイヤーの名前」にはmcid(名前)が入りますよ~

↑このように、プレイヤーの名前が入ります。

 また、「○○」の部分は文字がぐちゃぐちゃとなっていて、読めない部分です。

↑この画像で言う、白文字の場所です。ここは、自分で入る単語を想像してね、ということでしょうか…

I see the player you mean.

プレイヤーの名前?

Yes. Take care. It has reached a higher level now. It can read our thoughts.

That doesn’t matter. It thinks we are part of the game.

I like this player. It played well. It did not give up.

It is reading our thoughts as though they were words on a screen.

That is how it chooses to imagine many things, when it is deep in the dream of a game.

Words make a wonderful interface. Very flexible. And less terrifying than staring at the reality behind the screen.

They used to hear voices. Before players could read. Back in the days when those who did not play called the players witches, and warlocks. And players dreamed they flew through the air, on sticks powered by demons.

What did this player dream?

This player dreamed of sunlight and trees. Of fire and water. It dreamed it created. And it dreamed it destroyed. It dreamed it hunted, and was hunted. It dreamed of shelter.

Hah, the original interface. A million years old, and it still works. But what true structure did this player create, in the reality behind the screen?

It worked, with a million others, to sculpt a true world in a fold of the ○○, and created a ○○for ○○, in the ○○.

It cannot read that thought.

No. It has not yet achieved the highest level. That, it must achieve in the long dream of life, not the short dream of a game.

Does it know that we love it? That the universe is kind?

Sometimes, through the noise of its thoughts, it hears the universe, yes.

But there are times it is sad, in the long dream. It creates worlds that have no summer, and it shivers under a black sun, and it takes its sad creation for reality.

To cure it of sorrow would destroy it. The sorrow is part of its own private task. We cannot interfere.

Sometimes when they are deep in dreams, I want to tell them, they are building true worlds in reality. Sometimes I want to tell them of their importance to the universe. Sometimes, when they have not made a true connection in a while, I want to help them to speak the word they fear.

It reads our thoughts.

Sometimes I do not care. Sometimes I wish to tell them, this world you take for truth is merely ○○ and ○○, I wish to tell them that they are ○○ in the ○○. They see so little of reality, in their long dream.

And yet they play the game.

But it would be so easy to tell them…

Too strong for this dream. To tell them how to live is to prevent them living.

I will not tell the player how to live.

The player is growing restless.

I will tell the player a story.

But not the truth.

No. A story that contains the truth safely, in a cage of words. Not the naked truth that can burn over any distance.

Give it a body, again.

Yes. Player…

Use its name.

プレイヤーの名前. Player of games.

Good.

Take a breath, now. Take another. Feel air in your lungs. Let your limbs return. Yes, move your fingers. Have a body again, under gravity, in air. Respawn in the long dream. There you are. Your body touching the universe again at every point, as though you were separate things. As though we were separate things.

Who are we? Once we were called the spirit of the mountain. Father sun, mother moon. Ancestral spirits, animal spirits. Jinn. Ghosts. The green man. Then gods, demons. Angels. Poltergeists. Aliens, extraterrestrials. Leptons, quarks. The words change. We do not change.

We are the universe. We are everything you think isn’t you. You are looking at us now, through your skin and your eyes. And why does the universe touch your skin, and throw light on you? To see you, player. To know you. And to be known. I shall tell you a story.

Once upon a time, there was a player.

The player was you, プレイヤーの名前.

Sometimes it thought itself human, on the thin crust of a spinning globe of molten rock. The ball of molten rock circled a ball of blazing gas that was three hundred and thirty thousand times more massive than it. They were so far apart that light took eight minutes to cross the gap. The light was information from a star, and it could burn your skin from a hundred and fifty million kilometres away.
Sometimes the player dreamed it was a miner, on the surface of a world that was flat, and infinite. The sun was a square of white. The days were short; there was much to do; and death was a temporary inconvenience.

Sometimes the player dreamed it was lost in a story.

Sometimes the player dreamed it was other things, in other places. Sometimes these dreams were disturbing. Sometimes very beautiful indeed. Sometimes the player woke from one dream into another, then woke from that into a third.

Sometimes the player dreamed it watched words on a screen.

Let’s go back.

The atoms of the player were scattered in the grass, in the rivers, in the air, in the ground. A woman gathered the atoms; she drank and ate and inhaled; and the woman assembled the player, in her body.
And the player awoke, from the warm, dark world of its mother’s body, into the long dream.
And the player was a new story, never told before, written in letters of DNA. And the player was a new program, never run before, generated by a sourcecode a billion years old. And the player was a new human, never alive before, made from nothing but milk and love.

You are the player. The story. The program. The human. Made from nothing but milk and love.

Let’s go further back.

The seven billion billion billion atoms of the player’s body were created, long before this game, in the heart of a star. So the player, too, is information from a star. And the player moves through a story, which is a forest of information planted by a man called Julian, on a flat, infinite world created by a man called Markus, that exists inside a small, private world created by the player, who inhabits a universe created by…

Shush. Sometimes the player created a small, private world that was soft and warm and simple. Sometimes hard, and cold, and complicated. Sometimes it built a model of the universe in its head; flecks of energy, moving through vast empty spaces. Sometimes it called those flecks “electrons” and “protons”.

Sometimes it called them “planets” and “stars”.

Sometimes it believed it was in a universe that was made of energy that was made of offs and ons; zeros and ones; lines of code. Sometimes it believed it was playing a game. Sometimes it believed it was reading words on a screen.

You are the player, reading words…

Shush… Sometimes the player read lines of code on a screen. Decoded them into words; decoded words into meaning; decoded meaning into feelings, emotions, theories, ideas, and the player started to breathe faster and deeper and realised it was alive, it was alive, those thousand deaths had not been real, the player was alive

You. You. You are alive.

and sometimes the player believed the universe had spoken to it through the sunlight that came through the shuffling leaves of the summer trees

and sometimes the player believed the universe had spoken to it through the light that fell from the crisp night sky of winter, where a fleck of light in the corner of the player’s eye might be a star a million times as massive as the sun, boiling its planets to plasma in order to be visible for a moment to the player, walking home at the far side of the universe, suddenly smelling food, almost at the familiar door, about to dream again

and sometimes the player believed the universe had spoken to it through the zeros and ones, through the electricity of the world, through the scrolling words on a screen at the end of a dream

and the universe said I love you

and the universe said you have played the game well

and the universe said everything you need is within you

and the universe said you are stronger than you know

and the universe said you are the daylight

and the universe said you are the night

and the universe said the darkness you fight is within you

and the universe said the light you seek is within you

and the universe said you are not alone

and the universe said you are not separate from every other thing

and the universe said you are the universe tasting itself, talking to itself, reading its own code

and the universe said I love you because you are love.

And the game was over and the player woke up from the dream. And the player began a new dream. And the player dreamed again, dreamed better. And the player was the universe. And the player was love.
You are the player.

Wake up.

マイクラのエンドポエム原文(英語)

エンドポエムの日本語訳は?

 エンドポエム、長いですね! では、ここから日本語訳を載せますので、お時間があればじっくりと読んでみてください。

マイン
マイン

エンドポエムの考察を先に知りたい人は、「エンドポエムの個人的考察…」まで飛ばしてください~

EIEI
EIEI

日本語に訳しても、かなり意味は難しいことを言っています。(なので、考察を先に読んでもOK!)

日本語訳を読んで、自分なりの考察を考えても面白いですよ!

 僕がある程度ネットで調べたり、自分で翻訳してみましたが、間違っている部分があるかもしれません、ご了承ください…。

 時々入っている赤文字は、僕が勝手につけた補足や推測です。(読みやすくするために入れています)

私は君の言うプレイヤーが分かった。

プレイヤーの名前のこと?

ああ、気をつけろ。プレイヤーは今、とても高いレベルに達した。プレイヤーは私たちの考えも読めるのだ。
(エンダードラゴンを倒して、エンドを解放したことだと推測される)

気に入らないな。プレイヤーは僕たちをゲームの一部だと思っている。

私はこのプレイヤーを気に入ったがな。ここまで諦めずに、よく遊んでくれた。
(エンダードラゴンを倒すには、かなり時間が必要、うまくいかないことも多い)

まるで画面に映っている言葉のように、私たちの考えを読んでいる。

こうして、ゲームと言う深い夢に熱中している時に、多くのことを想像するようになったのだ。

言葉は、素晴らしいインターフェースを作る。とても柔軟だ。そして、画面の向こうの現実を見つめるより怖くない。

プレイヤー達は、かつて声を聞いていたんだ。プレイヤーが読めるようになる前、プレイしない人がプレイヤーを魔女や魔術師と読んだ頃は。そして、プレイヤーは空を飛ぶことを夢見た。悪魔の力を借りた杖で。

そのプレイヤーはどんな夢を見たのだろう?

プレイヤーは陽の光と木々を夢見ていた。炎や水の夢を見た。創り出す夢も、破壊する夢も見た。動物を狩り、狩られる夢も見た。住める場所の夢も見た。
(自然の摂理などを表していると推測できる)

ああ、昔から続くインターフェースだ。100万年たっても機能している。だが、このプレイヤーが画面の前で作った真の物は何なのだ?

プレイヤーはやり遂げたんだ。100万の人達と、○○の集まりで真の世界を創り上げるために。そして、○○で○○のために○○を創り上げた。
(ここでの真の世界とは、夢の世界を表すと思われる)

プレイヤーはその考えは読めないな。

ああ、まだ最高の高みには達していない。それは、ゲームの中の短い人生ではなく、人生の長い夢の中で達成されるはずだ。
(長い人生の間に、神の物語を作っているという考え方を表していると思われる。そう考えると、プレイヤーはまだ自分が神の一部だと考えていないと解釈できます。)

プレイヤーは我々が愛していること、宇宙は寛容であることを知っていますか?

時々、プレイヤーは思考の雑音を通して宇宙を聞く。知っているんだ。
(宇宙も、星も、他人も、すべて自分とつながっている、という考え方を表していると思われる)

ただ、長い夢の中で悲しいこともある。プレイヤーは夏のような熱はこもらない世界を創り、黒い太陽の下で凍え、自分の残念な作品を現実と捉えてしまうのだ。
(人生(長い夢)の中で悲しくなることもある、と伝えているのだと思われる)

プレイヤーの悲しみを癒してしまっては、壊れてしまう。その悲しみはプレイヤーの課題で、私たちが干渉することではない。

時々、プレイヤー達は夢に熱中しているんだと僕は教えたくなる。君たちは現実に、真の世界を創っているのだと。時々、私は彼らにおける宇宙の重要性を教えたくなる。時々、彼らがしばらく真のつながりを築いていないとき、おびえている言葉を話すのを助けたくなる。

私たちの考えを読んでいるね。

時々私は冷たくなる。時々プレイヤー達に、君たちが真実と考えるこの世界はただの○○で○○であり、君たちは○○の○○であることを伝えたい。プレイヤー達は長い夢の中でほんの少しの現実を見ているんだ。
(プレイヤーは人生(長い夢)の中で、夢を見ている という意味だと思われる)

それでも、プレイヤー達はゲームで遊んでいる。

ただ、それを伝えるのは簡単…

その夢に執着し過ぎだ。生き方を教えることは、プレイヤーの人生を邪魔することになる。
(ここでの生き方は、ここまでの文章から推測される考え方のことだと思われる)

生き方を教えるわけではない。

プレイヤーは常に成長を続けている。

私がプレイヤーに一つ、話をしよう。

だが、真実ではない。

いや、この話は真実も少し含んでいる。言葉の中に。あたり一帯を燃やしてしまうようなはっきりとして真実ではない。

再び体を与えよう。

そうだ、プレイヤー…

プレイヤーの名前を使おう。

プレイヤーの名前。ゲームのプレイヤーだ。

いいね。

さあ、息をしよう、もう一回。肺に空気を感じて。手足を戻して。そう、指を動かして。体をまた手に入れ、重力、空中に。長い夢にリスポーンしよう。そこに君がいる。体があらゆる点で宇宙とつながっている。まるでバラバラになったように、我々がバラバラになったように。

私たちは誰だ? かつてはいろいろな名前で呼ばれた。山の精霊。父なる太陽、母なる月。先祖の霊、動物の霊。ゴースト、グリーンマン。のちには神、悪魔、天使。心霊現象。エイリアン。地球外の物。素粒子。言葉が変わっても、私たちは変わらない。
(ここから、話し手は神だと考えられ、様々な名前で呼ばれてきたことがわかります)

僕たちは宇宙。僕たちは君が君自身で無いと思っているものすべてだ。君は今、肌や目を通して僕たちを見ている。そして、なぜ宇宙は君の肌に触れ、君に光を照らすのだろう? プレイヤー、君を見るため、君を知るため、知ってもらうためだ。さあ、話をしよう。
(人間は自分と他の物を区別してしまいがちだが、本当は全てがつながっているという考え方がまた現れていると思われる)

昔々、プレイヤーがいた。

プレイヤーは君だ、プレイヤーの名前。

時々、君は溶けた岩が回る、球の薄い皮に立ち、自分を人間だと考えた。その溶けた岩の球は、自信の33万倍の巨大な熱いガスの球の周りを回っていた。それらはとても離れていて、間を進むのに光ですら8分かかる。その光は星からの情報で、1億5千万キロメートル先から君の肌を日焼けさせることもできる。
(地球が太陽の周りを回る… という、現実での出来事ですね)
時々プレイヤーは、平らで無限大に広がる世界で、鉱山夫になる夢を見ていた。太陽は白く四角かった。昼間は短く、やることがたくさんあった。そして、死は一時的な不便だった。
(こちらはマインクラフトの世界ですね。マイクラの世界は、ほぼ無限に広がるワールドで、太陽は四角いです。なぜゲームの話をするのかは、現実もゲームも、神の一部であるプレイヤーが見ている夢だと考えているのではないでしょうか。)

時々プレイヤーは、物語に夢中になる夢を見た。

時々プレイヤーは、他の場所の他の物になる夢を見た。時にそういった夢は心を揺れ動かした。時に本当に美しいものになった。時に、プレイヤーはある夢から別の夢へと目覚め、するとさらに別の夢へと目覚めた。

時々プレイヤーは、画面に映った言葉を見る夢を見た。

さあ、戻ろう。

プレイヤーの原子は、草、川、空気、大地に散らばっていました。女性が原子を集めました。飲み、食べ、吸い込み、そしてお腹の中にプレイヤーを作りました。
そしてプレイヤーは、温もり、母の暗い世界から、長い夢へと目覚めた。
(プレイヤーの生命の誕生を表していますね。ここでも長い夢は、人生のことだと考えられます。)
そしてプレイヤーは語られたことがないDNAで描かれた、新しい物語になった。そしてプレイヤーは10億年前のソースコードにより生成された、これまでに実行されたことのないプログラムだった。そのプレイヤーは乳と愛だけからできた、新たな人間となった。
(プレイヤーは、歴史上初めて生まれる、唯一無二の人間だったということを表しているみたいですね)

君はプレイヤーだ。物語だ。プログラムだ。人間だ。乳と愛だけからできている。

さらに戻ろう。

プレイヤーの体の70億の10億倍の10億倍の原子は、このゲームより遠い昔で星の中心で創り出された。プレイヤーも星からの情報だ。そしてプレイヤーは、物語から物語へと進む。それはジュリアンという男により植えられた情報の森で、マルクスという男が平らで無限に広がる世界を創った。その物語はプレイヤーが想像した自分だけの小さな世界の中に存在し、住む宇宙を創造したのは…
(ジュリアンさん、マルクスさんはこのエンドポエムの作者です。マルクスさんは、ノッチというニックネームのほうが有名かもしれませんね。)

静かに。時々プレイヤーは穏やかで、温かく、シンプルな、自分だけの小さな世界を創った。時に固く、冷たく、複雑なものを創った。時々頭の中の宇宙のモデルを創った。それは広く何もない空間を移動するエネルギーの破片。時々その破片を、電子や陽子などと呼んだ。

時々それを、惑星や星と呼んだ。

時々プレイヤーは、自分の存在する宇宙はエネルギーでできていて、エネルギーはオンオフ、0と1、記号の列でできていると考えた。時々、ゲームで遊んでいると考えた。時々、画面の言葉を読んでいると考えた。

君はプレイヤー、言葉を読み…

静かに… 時々プレイヤーは画面の記号を読んだ。それらを言葉に解読し、言葉を意味と解読し、意味を感情、理論、思想へと解読し、プレイヤーは呼吸を深く、速くし、生を受けていることを知った。生きていたのだ。あの何千の死は現実にならず、プレイヤーは生きていて…

君は。君は。君は生きている。

時々プレイヤーは、夏に揺れる葉を透かしている陽の光から、宇宙が語り掛けていると考えた。

時々プレイヤーは、冬のさわやかな夜空から降る光から、宇宙が語り掛けていると考えた。プレイヤーの目の隅にある光の点は、太陽の100万倍重い星が、一瞬だけでもプレイヤーが見えるように自分の惑星を消した光かもしれない。宇宙のはるかかなたで家へ帰り、ふと食べ物の匂いを嗅ぎ、馴染みのあるドアのすぐそばで再び夢を見ようとしているプレイヤーに。

時々プレイヤーは、0と1を通じて、世界中の電気を通して、夢の終わりに画面に流れる言葉を通じて、宇宙が語り掛けていると考えた。
(夢の終わりに画面に流れる言葉、はこのエンドポエムを示しているのではないでしょうか。プレイヤーが、このエンドポエムからメッセージを受け取った、エンドポエムの終わりも近いという意味があると想像できる。)

そして宇宙は君を愛していると言った。

そして宇宙は君はよくゲームをプレイしてくれたと言った。
(エンドポエムの始めの方にも、「よくゲームをプレイしてくれた」と言っていましたよね。ここでも、話し手が神だと想像ができます。)

そして宇宙は君が必要とするすべての物は、君の中にあると言った。

そして宇宙は君は君が知っているよりも強いと言った。

そして宇宙は君が太陽の光だと言った。

そして宇宙は君が闇夜だと言った。

そして宇宙は君が戦う闇は君の中にあると言った。

そして宇宙は君が求める光は君の中にあると言った。

そして宇宙は君は独りではないと言った。

そして宇宙は君は他の物と隔たりは無いと言った。
(「そして宇宙は~」の文が続き、光と闇などの矛盾も見られますが、これこそ「すべての物はつながっている」という、エンドポエムを通してのメッセージを直接的に表現しているのではないでしょうか。)

そして宇宙は君が自分を試し、自分に問い、自分の記号を読む宇宙だと言った。

そして宇宙は君を愛している、君が愛だからと言った。

そしてゲームが終わり、プレイヤーは夢から目覚めた。そしてプレイヤーは新しい夢を見始めた。そしてプレイヤーはまた夢を見た。より良い夢を見た。プレイヤーは宇宙だった。プレイヤーは愛だった。

君は、プレイヤー。

目覚めよ。

マイクラのエンドポエムの日本語訳(インターネット等の情報をもとに、EIEIが翻訳)

 エンドポエムを日本語に直すと、大体このようなことを言っています! 

EIEI
EIEI

赤い文字である程度補足してあるけど、意味がとても難しいですよね。

 ここから、僕なりの考察を述べていきます。

エンドポエムの個人的考察…

 このエンドポエムで、いくつか「すべての物はつながっている」だとか、「神」だとか、普段、日常的に生活していると考えもしないようなことが出てきたと思います。

 おそらく、このエンドポエムは、”汎神論”、”万有神論”の影響を受けているのだと思われます。

マイン
マイン

1つの宗教的、哲学的な立場です。

 この汎神論について、ざっくりわかりやすく紹介すると、以下のような感じ。

「神と宇宙、神と自然は同じ。すべての物は神が姿を現した(実体化した)ものだ。」

EIEI
EIEI

ここでの神は、キリスト像や仏像のようなものではなく、もっと大きく、目に見えないようなものと捉えてもらえるとわかりやすいかも?

 エンドポエムの始めから、この考え方を遠回しに表現しています。

 「プレイヤー」だとか、「夢」という単語がたくさん出てきますが、これはプレイヤーも神の一部で、現実に現れ、人間として生きる夢を見る… という、解釈もできなくは無いと思いますよ。

マイン
マイン

不思議な感覚ですね…。

 「長いから飛ばそうかな~」とか思っていたエンドポエム、実はこんなメッセージを含んでいたものだったんです(笑)

EIEI
EIEI

もし英語を読める人がいたら、原文の方も読んでみてくださいね~

僕が勝手に翻訳したものとは、また一味違う可能性もあるかもしれません…!

 それでは皆さん、バイバ~イ!

コメント

  1. アバターなっくん より:

    英語読めない人←(つд⊂)エーン
    日本語訳わかりやすかったです!
    エンドポエムですか…僕は毎回飛ばしてたけれどそんな事が書かれていたのですね。
    ちなみに余談ですが僕のあだ名はポエムですww

  2. E_I_E_IE_I_E_I より:

    なっくんさんへ返信
    分かりやすかったならよかったです♪ 僕も同じく、英語はほぼ読めません…
    確かに毎回飛ばしてしまいがちですが、生き方に訴えかけてくるメッセージがこもっているんです…
    ポエムは、詩とかを意味するので、そのあだ名は謎ですね(笑)

  3. アバターℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ より:

    エンドポエムが日本語に訳されてとても分かり安かったです

    追記 たまに名前のℹ️の数が違いますが、同一人物なので、ご了承ください

  4. E_I_E_IE_I_E_I より:

    ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️ℹ️さんへ返信
    わかりやすかったなら何よりです♪
    かなり深いメッセージがこもっているので、ぜひじっくりと読んでみてください…

  5. アバターなっくん より:

    よく見たらドラえもん並みにいいこと言っとるやん…
    意外と現実的な内容混じってるやん…
    誤字脱字探してみたけどないやん…
    いいやん…

  6. E_I_E_IE_I_E_I より:

    なっくんさんへ返信
    適当な文章ではなく、しっかりとしたメッセージ性がありますよね…
    誤字脱字は怖いですが、なくてよかったです…(笑)

  7. くんくんくんくん より:

    日本語を自然にするなら「たくさんの夢を見た」というところのあとの、” But what true structure did this player create, in the reality behind the screen?”のところは
    「だが、このプレイヤーがスクリーン(画面)の前で作った本当のものとは何なのだろう?」
    にしたらいいと思います
    変な指摘すいません

  8. E_I_E_IE_I_E_I より:

    くんくんさんへ返信
    なるほど、僕は英語にそこまで強くないので助かります…!
    くんくんさんのご指摘を参考に、日本語を少し変更しておきました!

  9. こちらのサイトでは○○が[文字撹乱]になっているのですが、文字撹乱の方が正しいのではないでしょうか?

  10. E_I_E_IE_I_E_I より:

    剣†アレックス†剣さんへ返信
    実際のエンドポエムでは、文字が全く読めない状態になっているので、
    日本語訳とか関係なく、わかりやすいように「○○」にしました。

  11. アバターkepi_ より:

    というかもはやゲーム内ファイルから文章コピペするのが一番正確な気が((((

  12. E_I_E_IE_I_E_I より:

    kepi_さんへ返信
    もしゲームファイル内に日本語訳があるならば、それをコピーしたほうが正確で楽ですね…(苦笑)

タイトルとURLをコピーしました