マイクラお役立ち情報! マイクラで円や球をきれいに作れる方法を紹介!

お役立ち情報

 どうもどうも! EIEIです!

 今回は、マイクラで円や球を再現するときのコツなどを紹介したいと思います!

EIEI
EIEI

円や球をマイクラのブロックで表そうとすると、なかなか大変です!

マイン
マイン

それでも、きれいに再現できるツールがありますよ!

 本日もLet‘sマイクラ!

ブロックだけで円を作るのは意外とキツイ。

 マイクラは四角いブロックでできた世界です。なので、四角い建築をするのは簡単ですね♪

EIEI
EIEI

1辺の長さを覚えておくだけで、簡単に作れますね~

↑四角は何個でも作れますね!

 しかし、「マイクラで円を作ってよ」と言われると、そう簡単にはいかないのではないでしょうか?

マイン
マイン

ぐっ、円はああ見えて結構複雑だからなぁ…。

 自力で作ろうとすると、どうしても形がゆがんでしまったり、計算をして頭を悩ませたり…。

↑それっぽい形を作ろうとしても、自力だとどうしても変に見える…?
EIEI
EIEI

これが球となるとお手上げですね(苦笑)

 そこで、とても便利なツールを紹介します!

円や球をきれいに作れるツール! Plotz Model Selection!

 Plotz Model Selectionは外国のツールなのですが、これが円や球の建築にとても便利! 下のサイトになります♪

Plotz Model Selection

マイン
マイン

サイトの表記は英語ですが、この記事で使い方を解説するので安心!

 画面を下にスクロールしていくと、下のようなものが見えるはずです。いくつかツールがありますね!

↑この画像では8種類のツールがありますね! 今回はそのうち3つを紹介します。

円、楕円(Ellipse)を作る!

 平面の(2Dの)円や楕円だえんを作りたいときは、「Ellipse」を選択します!

EIEI
EIEI

これが一番基本的ですね!

 ツールを開くと、下の画像のようなものが表示されます!

マイン
マイン

すごい、ブロックできれいな円ができている!

↑このようなきれいな円を、自動で教えてくれるのがこのツールのすごいところ。

 画面左上の、「2D」を選択すると、真上から見下ろした形になります! 製作中はこっちのほうが見やすいかも。

 逆に「3D」を選択すると、完成図を立体的に見ることができます!

マイン
マイン

3D表示で形を確認してから、2Dで製作していくと良いですね!

↑この画像は、2D表示です。

 縦や横の長さを変えたい場合、下の数字を調節します! きれいな円を作りたいなら同じ数字に、楕円を作りたいなら違う数字にすればOK。

EIEI
EIEI

この数字が、長さを表しているってことですね!

↑このように、円の大きさを調節して、建築などに取り入れたい大きさにしましょう♪

 あとはこれを見ながら、マイクラで製作していきましょう! そのままそっくり作れば、きれいな円が作れますよ♪

マイン
マイン

きれいな円が作れる~!

↑直径16ブロックの円が完成! とてもきれいに見えませんか?

 これが、基本的な円や楕円の作り方です! ここから、球などの作り方を紹介します♪

球(Sphere)を作る!

 立体のの(3Dの)球を作りたいときは、「Sphere」を選択します!

EIEI
EIEI

これは、きれいな球です。カスタマイズをしたい場合(ラグビーボールのような形にしたい場合)は、「立体の楕円を作る!」まで飛ばしてください。

 使い方は円や楕円の時と似ています。下の数字を調節して、直径を決めましょう!

↑画像では直径が16ブロックになっていますね。

 さらに、右側の数字を調節することで、「下から何段目の形」を知ることができます♪

マイン
マイン

2Dモードにして、右側の数字を調節しながら作っていくと良い感じです!

↑直感的に操作できて、とても使いやすい。

 これを使って、円の時と同じくマイクラで再現してみましょう! マイクラに球があると、かなり目立ちます(笑)

↑直径8ブロックの球です! 小さな球ですが、それでもしっかり球に見えるから不思議。

立体の楕円を作る!

 先ほどは、きれいな球の作り方でしたが、今度は自分で自由にカスタマイズできる、立体の楕円の作り方を紹介。

マイン
マイン

ラグビーボールをイメージしてもらえればわかりやすいと思います。

 「Ellipsoid」を選択します! すると、球の時と似ているけど少し違う画面が出てきます。

↑楕円を作るために、たくさん数値がありますね!

 上の3つの数字は、高さ、縦、横となっています。

↑基本的にはこの3つの数字を変えればOK。

 そして、下の数字は精密さみたいなものを表しています!

 数字が大きければ大きいほど、よりきれいなものが作れます。逆に小さいと、作るとき少し楽だったりしますよ。

マイン
マイン

ココの数字もお好みで。よくわからない人は、そのままでもいいよ~

↑正直、あまり変化がない…(笑)

 あとは、球の時と同じように右側の数字を調整して、マイクラで再現していきましょう!

EIEI
EIEI

今回は、3種類の図形の作り方のツールを解説してみたけど、どうだったかな?

 ぜひ、マイクラで円や球を取り入れる建築をするときに、試してみてください!

 それでは皆さん、バイバ~イ!

コメント

  1. アバターなっくん より:

    そうなんですか…そんな方法が…
    僕が頑張って作っているあの巨大な球体は何だったのだ…
    次から使うようにします!(今頑張って月を作っている人)
    ドラゴンボールに出てくる神様が住んでるところみたいなのもありますねwww

  2. アバターなっくん より:

    EIEIさん。僕が使っているものでは日本語版に変えることができましたʕ•ٹ•ʔラッキー

  3. E_I_E_IE_I_E_I より:

    なっくんさんへ返信
    僕もこの方法を知ったときには衝撃を受けましたね(笑)
    月や宇宙を再現するのも面白そうです!

  4. E_I_E_IE_I_E_I より:

    なっくんさんへ返信
    もしかしたらgoogleを使って、翻訳機能がオンになったのかも?
    あの翻訳は不正確ですが、サポートにはなるのでどちらでもOKですね♪

  5. アバターリフォーム業者 より:

    エイクラの王国風の村も、これを使ったんですか?
    それと、あの王国風の村は、直径何ブロックで作りましたか?(参考にします)

  6. アバターリフォーム業者 より:

    すいません。記事を見返した所、直径35ブロックとバリバリ書いてありました(笑)

  7. E_I_E_IE_I_E_I より:

    リフォーム業者さんへ返信
    そうですね~ 外側の濠を作るときに活躍しました♪
    ぜひ建築の参考にどうぞ!

  8. E_I_E_IE_I_E_I より:

    リフォーム業者さんへ返信
    大丈夫ですよ~ 直径35ブロック、半径17~18ブロックほどで作りました!

タイトルとURLをコピーしました