連載小説第4回

連載小説

 どうもどうも! EIEIです!

EIEI
EIEI

またまた金曜に出撃! 連載小説!

マイン
マイン

そんなにマインクラフトのスクショが無いんだ…

 最近は予約投稿を増やそうと頑張っているのでマイクラをなかなかプレイできていないんですよ(汗) なので、今日も連載小説… でもよろしいでしょうか?

8 準備

 2人が顔を洗ってきたら、弘道は2人に寝床を作ることを提案してみた。

「確かに、そこらへんで寝るのはイヤだし、起きて見張りなんて嫌だしな。」

「私はまだ眠いんだから… さっさと寝床を作りましょう。」

 早速石器でゴリゴリと木を伐ったり、漂流しているトタン板やらを拾ったり、重しになりそうな大きな石を拾ったり。

「何これ、メチャクチャ重いぃ~」

「奈美、運動部だろ? それぐらいチャッチャと持っちゃいなよ~」

 とか言いながら隼人は確実に軽いトタン板を運んでいる。

「ふざけんなし隼人! コッチ来て手伝え~!」

 横から弘道も冗談を言い始める。

「ちなみに木のほうが持ちにくいんだよぉ~? 手伝ってよ~」

 簡単な屋根と床をつけただけの建造物の予定だったが、小さな小屋なら作れてしまいそうだ。

「意外と集まったな~ でもかなり腹減った。」

「昨日取ってある海藻ならあるよ? パリパリしていていい感じ。」

 海藻が苦手な奈美はちょこっと食べただけでギブアップ。自力で魚介を取りに行った。火は常に消えないように見張っておいたので、幸い加熱調理ができる。

 3人は腹ごしらえを済ませ、本格的に寝床を作ることにした。

9 寝床作り

 まず3人は、昨夜寝ていた岩場、海に面している砂浜、木がたくさん生えている森の間に作ることにした。

「岩場の近くのほうが風を防げるし、海にはいろいろ取りに行くからね。森も風を防げるよ。」

「岩場って太陽の熱でいい感じに暖かいからな~。」

「こことかどう? 大きな岩があるからこれを柱代わりにもできそうだよ!」

 奈美が見つけた大きな岩の近くに、おおざっぱに作った木の板を敷き詰める。トタンの板を3枚並べて、重しを載せておく。

 こうして完成したものは、見た目は不細工だが、弘道が試しに乗っかってみても壊れたりしなかった。

「なんで俺をこの上に乗っける実験をするのさ…」

「だってさ、俺よりお前のほうが3キログラム重いじゃん。俺、身長小さいからな… で、奈美に体重聞いたら叩かれてさ…」

「え? アイツは俺と身長は変わらないから体重もそんなに変わりはしな…」

 ペチーン! 本日2度目の大きな音が響く。

 だが、頑丈な寝床ができた。大きさは普通のテントより一回り大きいぐらいだろうか。雨風もしのげる良い寝床ができた。

 よく見たら入口の近くに小さな白い花が咲いている。あまり元気そうでは無いが何かの強い生命力を3人は感じ取っていた。

10 3人で

 寝床を作り終えたらちょうど日が暮れてきて、眠たくなってきた。早速寝床の中に入る。

「ねえ、なんかちょっと蒸し暑くない? 広さは… まあ我慢する。」

 確かに言われてみればクーラーも扇風機もない。奈美が文句を言うのも当然でもあった。それを聞いた入口の近くの弘道は少し外に出てトタンの壁を少しずらす。

「これで風が通って涼しいんじゃない?」

「でもさ、深夜は気温が冷えないかな?」

 確かに言われてみれば気温が低いのは午前5時だ。さすがに自分で提案したのでこう言われては何とかするしかない。

「まあ、いいよ。2人が寝たと思ったら俺がここを元に戻しておくよ。」

「お、弘道やっさし~じゃん♪ じゃ、お休み~」

「いやいや、この係は気温が良い感じの季節になるまでは交代でやることにしようよ。」

「じゃあ明後日に私やる~ お休み…」

 隼人はやれやれという顔で眠りについた。弘道は足でトタン板をゴトッと動かして、自分も目を閉じた。

ちょこっと♪ 今回の小説の解説

EIEI
EIEI

今回解説することあるかな? マインくん。

マイン
マイン

ハッ!? このコーナーを作ったなら何か解説しなさいよ…

EIEI
EIEI

まあ、今回は僕が頑張って挿絵を描いたからもう終わ…

マイン
マイン

ちゃんと解説しろよ!

1日の気温の変化

 小説の中ではチラッと「午前5時に一番冷える」と書いてありますよね。1日の気温の変化は、覚えておいて損はないと思います。得もない気が

 晴れの日は、日が出てきてからどんどん気温が上がり、午後2時ごろに一番暖かくなります!

EIEI
EIEI

太陽の光は正午が一番強いんだけどね。

 なぜ午後2時かというと、一番太陽の光が強い正午にまず地面が暖められるのです! そして、地面から放出される熱が強くなり、気温も上昇するわけです。

 そしてそこからどんどん気温が下がっていき、午前5時に一番低くなります。

EIEI
EIEI

早起きした日とか徹夜したことがある人ならわかると思うけど…

午前5時は夏でも肌寒いときすらあるよ!

マイン
マイン

もしかしたらプールとか行くときは風邪ひかないよう午後3時頃には水から出たほうが良いのかもな~

 さてと、今回はこのあたりで~

 皆さん、バイバ~イ!

コメント

  1. アバターHELLO より:

    誤字脱字5回指摘のHELLO参上!
    8.準備の一番初め、寝床が、寝言になっていますよ
    誤字脱字レッドよろしくー

  2. E_I_E_IE_I_E_I より:

    HELLOさんへ返信
    7月誤字脱字(現在)5回のEIEI参上!
    寝言は作りません!(←そう書いたのはコイツ)

    誤字脱字マン
    誤字脱字マン

    はいは~い! 正義の味方、誤字脱字レッドで~す!

    何度も誤字脱字を発見してくれてありがとう! 直しておいたぜ!

  3. アバターisopen2000 より:

    この小説面白いです!
    これからもよみます!

  4. E_I_E_IE_I_E_I より:

    isopen2000さんへ返信
    ありがとうございます!
    毎週火曜日に投稿なので、今後もよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました